情報として

問題の登録は、サーチエンジンの利用規約を、無視した登録

問題になった
・登録のHPアドレス、そのほとんどがこれで拒否しています
・登録者のIPアドレス、最近これでも拒否を始めました
・登録者のメールアドレス、特に問題の重複の場合!これでも拒否している場合があります
おかしな傾向として・・・・
・初期Fステージの禁止分野としたカテゴリーに、わざわざ登録する
■登録したカテゴリ
無料サービス:登録禁止サイト:出会い系サイト
無料サービス:登録禁止サイト:ネットワークビジネスMLM
初期Fステージで、利用規約を見ない方の為に禁止設定のカテゴリーを表示
あえてここに登録する方を、別IPとしてIP拒否をしています。
同一人物と思われる連続した登録。その中に、アダルトHPで、バナーだけが有る代行業者からの関係ついたHPアドレスのリンクがありましたアダルトイメージバナーでした。
初期は”全てHPで拒否”、後半は、”分野によりIP含め全て拒否”の場合と”別IPとしてIPのみ拒否”に分かれています。
これらの問題登録は有る時期から数年に渡り現在まで繰り返されて、単純に何かの恨みと考えても長すぎます。それもここだけではなくネット上多数、発生しています。別の利益目的がなければ、理屈に合いません
拒否の手法の明かせる部分や説明として・・
IPアドレス、「接続プロバイダー”xxx.xxx.xxx.xxx”と言う、0〜256まで数字」
これが問題登録をされた本人の接続情報です。但し、このIPアドレスの方が、別サーバ経由の場合や問題のPCなどのセキリティーを破られて、他の方がそのIPの方に成りすましている場合もあります。もし、あなたのIPが表示されたらセキリティーを疑って下さい
ここで、情報がある事よりもあらゆる面で、危険です。ここを
「別サーバプロキシー経由で、年中このアドレスを変えている場合そのサービスサーバーより注意接続利用者としてマークされたり、利用停止にされる場合があるそうです。(登録を荒らす事で、ここの拒否でIPが二度目は、使えなくなる事で、新たに違法アクセスを利用している可能性がある)」

HPアドレス、
年齢制限のHP登録のかなりが、目をつけている有る代行がやって、かなりの数、怪しいと調査中!
また、このHPで、在宅募集らしき情報を発見しましたが、もしそれで、仕事が、サーチエンジンの登録関係だった場合!実際に、情報を出しているのは、アクセスされた、その方、本人です。不正アクセスという犯罪を知らずにやらされる事の無いように、ご注意下さい。

・登録者リンク元アドレス
スパム登録と騒いでいるのは、この部分で、
別のサイトから、無断で特殊なスクリプト使い、サーチエンジンの登録に関するスプリクトに強制的に割り込みを掛けて、登録をしてくるので、通常される制御がおかしくなりデータ破損や最悪サーチエンジン本体を壊された事も有る。問題行為
参照元が、サーチエンジンのアドレスではない表示がされる「最近、新たな不正の可能性が、有るようです。偽装の場合、違法アクセスの可能性も」
最近は、リンク元拒否をして対策、本体の破損までは無くなりました。初期Fステージ最近、重たいのではないかの指摘も、禁止設定された方が何度も繰り返しているようです。標準の拒否システムとは、まるで違う方式なので、まず、一度拒否された、HPは何をしても無駄なのですが、無駄な時間を過ごしてもらうのもいいでしょう!?初期の頃は、当サイトも対策が難しく、そこからのスパム登録は、不正登録として、仕方なく登録サイトが拒否になっています
中には、本来のカテゴリを偽装してデータが荒れるように目ろむ悪質サイトも存在するとか

つまり、偽の登録サイトやスパム登録ソフトです
このリンク元を出さない場合は、スパムソフトで登録の場合もあり、大変判断が難しく。最近、無条件で拒否に、設定させて頂きました
この事で、スパム登録ソフトとセキリティーソフトの違いによるリンク元が出ない状態なのか判断が出来ない為、セキリティーソフトによるリンク元が出ない状態でも、最近では、拒否されます。理由は、この為で、ご理解下さい
有る面、一つ一つ確認されて作られた安心で有効な一括登録が埋もれ、無差別に勝手にセットされたスパム登録サイトが、クローズアップされるのでは、悲しい事です
単純に考えてみて下さい。皆さんのHP登録作業でも、流れ作業で、簡単な登録作業をしても、沢山登録するのは大変な作業です。
サーチエンジンに対して、確認を取りながら、認可を取り一括登録の利用を有効にして行く作業がどれだけ大変なのか?逆に、無差別にセットされて、数だけ自慢して、データ破損や本来の登録の方が、この割り込みに妨害され利用がやりにくくなれば、サーチエンジン管理側は、当然、迷惑になります。
その事で、サーチエンジンのまともな登録が伸びない原因になる場合もあります

また、これらは、拒否データは、現在は、スクリプトの環境変数で提示された情報です

一番問題なのは、接続のIPアドレスで、それも成りすましで乗っ取られた不正アクセスではないかなど、問題の方を特定する場合の判断には、サイバー警察など専門の知識を持った方でなければ、難しいでしょう

皆さんに関する、情報が悪用されていないか程度の確認ですが、よろしければ、たまに、確認してみて下さい。

高機能Fステージ Real 2ndでは、これ以上の制御システム機能があり、常に破られた時の新たな機能を追加するテスト環境でもあります。今まで開発環境だった、初期Fステージでは、掲載件数からも、もうこれらの自動機能を、テストする環境ではなくなったため、その部分を、Fステージ Real 2ndが、引継ぎ、最強の拒否で、ほとんど手の掛からない自動化を原状では維持できています
それでいて、通常登録ならばまったく問題にならずに利用できるはずです
Real 2ndが、対策の開発環境で、別のFステージシリーズでは、有る理由から、ここまで拒否機能を上げていません

Fステージ4 エフフォーサーチエンジンでは
理想のサーチエンジン、通常の掲載以外にも、安心を確認するこの情報までも、装備した
生まれながらに、貴重なデータを持った次世代サーチエンジンが出来ました
この事が皆さんの利用に少しでも役に立っていただければ幸いです

また、この拒否システムがどのような状態で自動作成されたデータなのか、良く理解した上で判断下さい。単純なデータを見ただけの判断は、トラブルを招きます。接続情報のほとんどは、何だかの利益目的の接続者の影に隠れて実行されている裏工作と想像できるからです
特に、悪質な代行業者らしき、もしくは、第三者らしき人物の他人に成りすましをしたデータが多いと思われます。
一度強行登録する事で、かなり強力な拒否が掛かる。それを自分のサイトで繰り返すでしょうか?
サーチエンジン管理が、これらむちゃくちゃな登録に嫌気がして、廃止するまた別の方がこの企画で!新たなサーチエンジンが立ちあがる。すると誰が得するでしょう。
同時にこれは、皆さんが、苦労して登録した手間が無駄になる事なのです。
サーチエンジンが、ネット上の登録関係が荒れ出したのは、このような事のようです。この始まりは、あの他人のサーチエンジンを勝手に利用して、自分のHPバナーを強制的に貼らせる条件で、スパム登録サイトを使せ拒否を掛けたら利用者のメールをリンクアドレスに乗せるなど、こそ泥のような失礼なHPが、出てきた頃からです。現在の荒れも手法から同一グループなのか疑っています

具体的に、表示の確認方法として
  [More] [New Window]
[他のカテゴリ] [サイトマップ] 不必要なリンクは全てカット [ヘルプ] [修正・削除]

List  ナンバー??数字
[ブラック(FNAVI):IPセット17] [オールモード:サーバ/ロック] [rnavi01:最終Rドメイン] [fnavi:ロック・荒らし] [ロック:利用規約違反] [ロック:荒らし:登録荒らし者] [ロック:スパム送信会社]
・登録者のホスト名:拒否にした場合

List  整理ナンバー
[オールモード:ドメイン/sub指定] [rnavi01:最終Rサブメイン] [fnavi:同一いやがらせ] [ロック:制限サイト] [ロック:利用規約違反]

詳細検索で詳しく出てきます
最近、判ってきた事は、そのほとんどが、他の目的の人間が、禁止されているHPの登録をしている。拒否の判断ランクを上げた結果、見えてきた答えは、ここのデータは、その第三者の手による被害者の場合が多い
拒否HP_具体的に禁止HPアドレス∇備考_「接続、時間など内容が入り初期の頃は別にして、連動サーチエンジンの拒否の理由に表示される場合も
「詳細でこのように表示」貴方のHPが上記拒否に、含まれていないかの確認、もし有った場合、ここよりもネット上の掲載がイメージダウンの情報になっている状態を気にした方がいいと思います。下段メモ部分では、拒否にはならない

更新日:2006/06/18(Sun) 15:22 「←ここはデータ作成時間無視して下さい重要はメモ部分や備考」
[ブラック(FNAVI):単独別IPセット17] [オールモード:サーバ/ロック] [rnavi01:最終Rドメイン] [fnavi:同一いやがらせ] [ロック:利用規約違反] [ロック:スパム送信会社]拒否の種別この部分は秘密
「メモ部分」HPアドレス・接続情報・etc・・問題の情報が入ります

下段は改行されて、追加拒否機能、↓これが出なければ追加拒否なし
拒否IP_具体的に禁止設定のIPアドレス「上段下段どちらか接続のアドレスです」
拒否Mail_メールアドレスで、同じく「上段下段どちらか接続のアドレスです」
別IP IPアドレス「この部分の先頭に別IPとある場合、上記「メモ部分や拒否HP_」とは、通常は、まるで違う関係です」 つまり成りすましなどで、初期Fステージなどの禁止と提示の有る場所に登録されたサイトなど ”無料サービス:登録禁止サイト:ネットワークビジネスMLM”など「禁止分野にわざわざ自分のサイトを登録するでしょうか」
データを軽くする為、二種類の項目を1つで代用してます
”無料サービス:登録禁止サイト:ネットワークビジネスMLM”など登録禁止にされるのが判って多数の人間がするでしょうか
それは、別のほかの目的の方がやっている事として、HPアドレスではなく!その接続IPや登録メルアドなどを禁止設定、繰り返される可能性が有る場合はHPも拒否

ほぼ同一人物が、色々なIPアドレスを使い繰り返される。その中に、他人のセキリティーを破り接続を偽装して、破られている方に成りすましてこれらをしている形跡が有る
つまり、貴方がIPを使っている期間にここにIPがあれば、データが危険な状態や貴方に代わってこれらを行いあらゆるおかしな疑惑を掛けられる可能性が有る
依然、この手の接続を調べたら、有る代行会社の名前が上がりました。問題は、ここでは、確実な証明できる情報が得られず、最大の問題は、具体的な利益の証明が難しい無料サービスという弱点です

このような状態が、ネット上のサーチエンジンで、残念な事に、繰り返されています。ですから、サーチエンジンサイトが厳しくなり掲載がされにくくなったり、条件付の掲載のサーチエンジンが、増えているのです。
これは、有る面、どういうサイトに、メリットがあるか想像できますね

サーチエンジンの管理の方に、同じ繰り返しを避ける事が出来るこの拒否システムのノウハウを教えます。
但し、データの判断や対応は、決して楽ではありませんが、確実にロックできます
ほぼ完成に近い状態になったので、管理の方が確認できるように連絡を下さい
立ち上げてすぐのサーチエンジンは、問題の関係サイトの可能性も有る為、保留にする可能性があります。この点は、様子見と言う事でご理解下さい

以上

| spamx側利用方法 | spamx側利用目的 | 例外対策として | HOME |