”エフフォー”限定特殊機能spamxデータベース検索機能

この「spamx拒否機能」データは、過去のサーチエンジン問題登録を拒否したデータですが、それは
同時に、接続が悪用されていないか確認するデータにもなります。

この繰り返し登録の手間をなくす為の拒否データをネットの為に、他に使う方法は無いのかそれが、登録時、明らかにおかしなデータがある。そのデータは、悪用されていると思われ、さらに犯罪などに悪用されない為にも、検索機能を付けたらどうかというトラブル回避の為の情報です

このデータの必要性は、単純に禁止分野サイトを削除しただけでは、あらゆる方法で何倍にも繰り返されます。Fステージのような即掲載設定タイプサーチエンジンでは、特別な改造をしないとこの方式は、掲載がめちゃくちゃにされて、放置するか審査にするかになりますが、Fステージシリーズは、第三の方法、新たな対応するシステムの追加をしました。それが、「spamx拒否機能」データで、あらゆる方法で問題部分の登録を拒否データ化して自動制御する機能です。そこで出てくる事が・・
禁止分野強行登録者→・HP拒否&接続拒否→・新たなHPでトライ&接続を新たな接続方法⇔「この部分」
この繰り返しの中に、他人の接続を利用した成りすまし不正アクセスの可能性


つまり、同時に、貴方の関係する情報が、悪用されていないか確認できる機能として有効なデータにも利用できるのです
その為、リンクデータとは別の物で、掲載するデータでは有りません。利用目的構造から一覧として確認するような機能は、ありません
貴方に関係したデータが有るか、無いか確認する為です。
特に企業の方、大量にデータを流失など、大きな死活問題です。

サーチエンジン説明の為の構成区別方法として
Fステージ4サーチエンジンを通称”エフフォー”として呼びこの利用方法として
通常のノーマルの検索サーチ側”NA”と、ここのサーチ情報専用spam登録や利用規約無視登録側を”spamx”と呼び区別します

利用の方法としていくつかがあります
1、貴方のIPアドレスに問題が無いか”spamx”側セレクト検索で、確認できます。「手順として」
”エフフォー”NA側確認用で、現在の貴方のIPアドレスを知る方法は、
確認用IDで、”登録者”を選択、パスワードを”1234”といれて、エラーを出力することで、貴方の接続のIPアドレスを表示できます「管理者と登録者がありますが、必ず”登録者”で、管理者は、データが強制的に保存され、繰り返したり、プロキシーIPなどは、注意IPとなってしまいます」

2、そのIPアドレスをコピーなど「記憶して」して、NA側検索機能で、検索用語欄に、そのIPアドレスを入れ、
サーチエンジンセレクトを、「”Fステージ4で”を、”spamx!で”に切り替えて」”spamx!で、”をセレクトして、検索して下さい

なにもヒットしなければ、ここのデータでは、いたずらされている可能性は無くひとまず安心です。検索結果は「spamx側のバックカラーが、黒色」になっていると思います。そこの”ホーム”のリンクで、通常のNA側に戻れます。
もし、ヒットした場合は、ネット上の「提携」サーチエンジンどこかで、おかしな登録をそのIPアドレスで過去に利用されている事になります。

気になれば、そのまま、エンジンセレクトを、詳細検索をセレクトして再検索をして下さい。
無いとは思いますが、ページがまたがる「2ページ目」場合は、詳細は見る事が出来ません「あくまでも、悪用されていないかの確認です」

*1、提示データの問題は、いつ頃、それが、されていたかです。貴方のこのIPアドレスがレンタルされている時期「使っている期間」に、そのような事がされていた場合、あなたのPCが、何かの問題で、セキリティーフォールを破られている可能性があり、接続のプロバイダーのサポートセンターなどに相談して、確認や対策をして下さい
もっともこのデータがどのような事で、出来ているデータなのかを考えると、もし、貴方自身がサーチエンジンの利用規約を無視するような登録をどこかでやっていた場合は、別の問題と思われます。サーチされるのみですから、貴方自身がネット上で、違法な事をしていなければ、ここでは、何の心配もありません。ここで再び悪用できないように拒否しているので
心配する部分は、ネット上で違法な事に使われていた場合です。


これらは、皆さんで状況が判断が出来ると思います。関連する情報のサーチしか出来ません。それは問題サイトを提示する目的ではなくあらゆる状況から、接続を成りすまして、悪質な事をした人間の、IPアドレスと接続時間です。

サイトアドレスでの検索
同じく貴方が、サーチエンジンの利用規約、無視の強行登録をした場合やスパム登録サイト「偽の一括登録」を利用した場合は、別問題です。

先ほどの方法で、IPアドレスの変わりに、ホームページトップで、検索して下さい。
貴方HPが、ドメインの場合「http://WWW.貴方のドメイン.ドメインの種類/」の場合は、「貴方のドメイン名.ドメインの種類」で、全ての場所を検索できます。

まったく身に覚えが無い。利用規約に違反した事が無いのに、詳細で、拒否データに表示された場合でも、いたずらされているHPと判断され当サイト関連サーチエンジンでは、貴方のサイトのイメージ低下を防ぐ目的で、登録する事は出来ません
第三者の手で何かの悪用されていた場合は、問題登録者が特定できない限り、停止して置く方が、そのHPの信頼低下は防げると考えているからです

最近騒がれ始めている問題は
どこかのいいかげんな登録代行に頼んだ事があれば、それは悪質代行の可能性があり、まったく関係が無ければ、何かの妨害に利用されている可能性もあります
ビジネスサイトの方は、被害届を出していただければ、サイバーの方から連絡が来た場合は、原因になった接続者のIPアドレスをお知らせする事にします。

以前、有る悪質な偽の登録サイトの件で、サイバーに問い合わせた所、悪質でも、無料サービスの為、サーチエンジンとしては当時、損害額から意味が無いとの状態でした。不正アクセスが絡んでいた場合は判りませんが
ビジネスが絡んでいた場合は、問題の接続者がIPアドレスから特定できた場合に、損害を要求できるでしょうとの事でした。営業妨害などとして

メールアドレス
最近、良くあるのですが、フリーメールで、デタラメか他人のメールアドレスで登録する
ネット上の何かの登録をやはり、これらで利用するなど、他人に成りすますと思われるひどい例があります
サーチエンジンの登録もまれに、問い合わせがあり、その登録を削除、接続IPをやはり利用禁止にする設定をした事がありますが、登録完了通知を、気にしないで削除している方もあるかもしれません。
同じく、メールアドレスでも検索が出来ます。
多少このメールアドレス部分は、構成上別の要素で検索も有るので問題があれば提示構成を修正してみます

利用の目的

この拒否システムの大きな役割は
サーチエンジンのデータにもし、詐欺サイトのデータが有り、ネット上で、大きな被害者が出ていた場合、考え過ぎかもしれませんが、提示の有るリンク集などデータ全体の提出を求められた場合、気分のいいものでは有りません
極力、そうならない為にデータをまったく別なものにするのが、最大の目的です
悪意の有る接続者がいる限り、手作業で確認拒否の管理が出来るほど、生易しいものでは現在有りません。無料サービスの限界です

出来る限りその可能性のデータは、削除して、登録させない事が一番です
この拒否システムのノウハウがいるサーチエンジン管理の方は、本当に管理者である事が判るように連絡を頂ければ、改造方法をお知らせします

と言うのは、現在、システムの内容から新たな妨害をする方法を探られた場合、新たな部分を追加する事になり、重たくなるだけで、切が無いので・・ご理解下さい
セカンドエンジンズのサーチズインフォに連絡場所があります

| spamx側利用目的 | 例外対策として | データの見方です。 | HOME |